2007年05月31日

「明るく、元気に」+ニコッ!

皆さん・・・はじめまして。ハートウィルの野原一美と申します。
私は、人と接することが大好きです。
その関わりの中で感じたことを自身の失敗談等を交えながら、思いのままに発信してまいります。
どうぞヨロシクお願いいたします。

さて今回は、『挨拶』についてのお話しです。
言うまでもなく、人間関係の入り口を築きます。礼儀でもあります。

皆さん、オ・ア・シ・スで、ハイ・・・ご存じですよね。
そうです。

オ(おはようございます)
ア(ありがとうございます)
シ(失礼いたします)
ス(すみません)。

そして、呼ばれた時の「はい!」・・・挨拶の基本です。

何を今更?と思われるかもしれませんが、いかがでしょう・・・この基本の挨拶に込めるあなたの真心・・・相手に伝わっていますでしょうか?

「言い争いをした翌朝は、ぎこちないかも・・・」「自分の心の状態が良い時は良いのだけど悪い時は、カタチだけになっているかも」「仕事や家事が忙しい時は、ハイ・ハイハイハイって言ってるかな」etc と自信がなくなってきますね。生きていると、小さなトラブルが沢山ありますから・・・ね。

自分の心の中にザワザワ・沸々したものがある時にも、爽やかに心を込めた挨拶をしているかと問われたら・・・私も自信がありません。
ですが・・・自分にとってあまり良い状況でない時こそ、『挨拶』の出番なのではないかと思うのです。基本の挨拶に一言(=心・気持ち)を添えることが、良い環境や関係を育むのではないでしょうか。

例えば、「おはよう」+「昨日は、○○で悪かったわ」や「おはようございます」+「この2日間は○○が大変でお手上げなのです」(上司や先輩、同僚からのサポートが良い形で得られるかもしれません)(多少、難しい顔をしていても心配をかけずにすみます)

このように、良い循環・環境は自らがつくっていくものなのでしょう。気分が乗っていない時は、自分では気付かないうちに表情は硬く暗く伏し目に、そして、声も小さくなります。これでは、周りの方にも悪影響です。みんなが暗くなってしまいます。

また、相手が挨拶をしないからといって自分もしなかったらと考えると・・・恐ろしい。関係は更に悪化するばかりです。ここは少し大人になって自ら先に声をかけていかなければと思うのです。
挨拶は、「明るく、元気に、大きな声で。」+ニコッ!です。

この、+ニコッがポイントなのです。『挨拶』はココロの鏡です。明るい『挨拶』は、良い人間関係を育みます。それには、日頃から意識し、どんな状況下においても爽やかな挨拶を心がけることではないかと思います。良い循環・環境は自らの挨拶がつくると言っても過言ではありません。

さあ、皆さん、「今日も明るく、元気に、大きな声で。」+ニコッ!
皆様に、沢山の幸せが降り注ぎますように・・・心から祈ります。お元気でお過ごしください。
青や紫、ピンクなどの鮮やかな色の紫陽花が咲き始めましたね。間もなく梅雨の季節を迎えます。


同じカテゴリー(一美のお話)の記事画像
沢山「ありがとう」
目標達成の線
個性・・・
同じカテゴリー(一美のお話)の記事
 あらたなる旅立ち (2008-04-25 15:25)
 涙の向こう側 (2008-04-24 19:30)
 印象 (2008-04-23 18:40)
 まさかの坂 (2008-04-22 18:55)
 飲酒運転はダメ! (2008-04-20 18:49)
 若いって素晴らしい! (2008-04-18 20:26)

Posted by 野原一美 at 13:04│Comments(2)一美のお話
この記事へのコメント
初めて投稿します。タンタンです。
挨拶ってされると気持ちいいですね。心を開いてくれてるようで。
そう親しくない人でも挨拶を毎日していると次の会話が出てきたり。
プラスにこっがポイントですね!
Posted by タンタン at 2007年06月01日 14:50
タンタンさんへ
はじめまして。長い文章を読んでくださってありがとうございます。
+ニコッ!によって、幸せになれますよ。「笑う門には福来たる」です。
今日も明るく元気に+ニコッ。
タンタンさんに幸あれ。
Posted by 野原一美 at 2007年06月01日 15:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。